読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がまぐち朝来      食べたり飲んだりときどき がまぐち 

がまぐち作ってる空空商會 朝来の、食べたり飲んだりの話。

朝ごはんを買いに #kyoto #まるき製パン #朝ごぱん 

お出かけとのみたべ

今日は京都に行ってきました。

朝ごはんは、

 

f:id:assak-karakara:20170204201433j:plain

 

あそこ

 

f:id:assak-karakara:20170204201630j:plain

 

実は専ら ご飯党。

元々年寄りと一緒に暮らしてきたので、パンというものは、

中に甘いものが詰まったものか、

しょっぱいものが挟まったサンドイッチくらいのもので、

日常からはほとんど縁のないもの。

たまに家で食パンを見かけるときは、必ず焼いて、

おかずやら甘いジャムをたっぷりのっけていただいていた。

幼稚園は、お弁当だったし、毎日マーガリンしか塗らないような食パンを食べることを強いられたのは、小学校に入ってからだった。

 

もう、給食時間、地獄。

どうやって2枚「食べずに誤魔化すか」しか考えておらず、

毎日喉に詰めながら、一枚は、おかずとか牛乳とかで押し込んで、

もう一枚は、机の奥にぎゅうぎゅうに詰めて隠した。

たまにこっそり出して、どっかのゴミ箱に捨てるときには

なんだかもう、緑のカビとか生えてきて、よくあんなものゴミ箱まで運べたものだった

 

そういうわけで、パン、基本的に食べなくても生きていけるので、困らないよ

というタイプ。

でも焼きそばを挟んだ焼きそばパンや、コロッケパン、ジャムトースト

家で食べていたおやつ的な、「何かをのっけたり挟んだりしたぱん」は、

美味しかった覚えがあるからたまーに食べたくなる。

 

京都は、全国でもパンの消費量が1位というだけあって、いろんなパン屋がある。

手づくり市なんかに行っても、パンをうる店があるし、道を歩いてても、

小洒落たパン屋や、外国人の職人が焼いているパン屋や、昔ながらのパン屋まで

チェーン店、から何からいろいろある。

 

その中で 「まるき製パン所」は、京都でも有名な昔ながらのパン屋さん。

京都パン組合「おいしい京都のパン屋さん」 まるき製パン所

ここは、オリジナルパンもいろいろ揃っているけど、やっぱりパンにいろいろ挟んだものがオススメ。

f:id:assak-karakara:20170204201551j:plain

この小さなお店にいっぱい並んだパンが、朝早くから次々売れて行く。

出勤前のサラリーマンとか、近所のおじさん、お姉さん。観光客も。今日は、フィッシュパンと、サラダパンを買いました。

家のお土産にアップルパイも

 

ずらりとおいしそうなものが並ぶので、あれもこれもいただきたくなる。

 

白身魚のフライが挟まったフィッシュパンは、さくっと揚げたてで美味しい。

一個食べると立派に一食ぶんのおいしさ。

 

あれもこれも買いたくなるのを堪えてます。

 

これからあったかくなったら 鴨川で朝ごはんに食べてもきもちよさそう。